ペットローンとは動物を買う際に用意されているローンです。

人気の犬種で一番安価な柴犬でも13万円から28万円が相場ですしトイプードルやロングチワワなどの人気犬種は20万円から38万円程度になります。

人気の猫種だと、アメリカンショートヘアーなどは25万前後が相場でブリティッシュショートヘアーは、30万円前後が相場になっているようです。

血統書の有無でも価格が大きく変わりますので犬や猫を飼う場合は日常生活の中では決して安いとは買い物ではないということを肝に銘じておきましょう。

特にペット選びというのはビビッときた子が運命の出会いですからすぐに連れて帰るためにはペットローンを有効に利用したいですね。

ペットローンというローンを取り扱っている信販会社や銀行は数多くありますがローンを利用する場合には必ず利息を加算する必要があります。

金利の設定は一般的に金利が低い順に並べますと、銀行、信販会社、消費者金融と言われており金利が低いほど審査基準が上がると言われています。

銀行ペットローンの金利で比較してみると、イオン銀行は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の場合は年2.5%から年7.5%となっていますがオリコの多目的プランだと年6.0%から13.2%ですから銀行よりも高い金利なのです。

一方、消費者金融のプロミスの目的ローンはというと年利6.3%から年16.5%とかなり高金利となっています。

融資の最大限度額はイオン銀行が700万円、スルガ銀行は800万円ですが消費者金融のプロミスの場合は300万円程度で、総量規制も適用されます。

クレジットカードで有名なオリコにはカードローンや目的別ローンなどありますが特にオリコのオートローンは業界のトップをシェアです。

しかし、オリコにはペットローンはなく、旅行資金や資格取得、冠婚葬祭、歯の治療などに利用される多目的プランを利用することになります。

よって、ペット販売店がオリコと提携していれば多目的ローンの利用になりますがオリコの審査は非常にスピーディなので審査をクリアできればすぐに契約することができます。

返済利率は6.0%から13.2%、担保や保証人は不要で、借入可能額は10万円から300万円までとなっています。

注意事項としては、オリコから借りるお金が50万円を超える場合や他社からの借入れと合計で100万円を超える場合は所得証明書の提出が求められます。

セディナにはペットローンは用意されていないのですが総合目的ローンという商品を利用することができます。

セディナの総合目的ローンは、大きな額の資金が必要になったときに利用出来るというローンです。

ペットショップから発行された契約書などがあればペットローンにも利用することができます。

申込条件は満20歳以上で完済時の年齢が65歳以下の人、安定継続した収入があり、原則として勤続年数が1年以上の人と規定されています。

融資額は5万円から300万円、金利は7.8%から11.8%、返済期間は最長5年(60回)です。

ペットローンはペットの購入費や治療費など使い道が限られているローンですがローンに申込んで審査をクリアしなければ利用することはできません。

申請方法は郵送やインターネットがあり、ローン申込書に記入し提出する必要があります。

申請に必要なものとして、本人確認書類のほかに収入を証明する書類も必要な場合があります。

すでに他社からの融資を受けていたり、所得制限があるローンでも収入証明書類が必要になります。

ペットローンは使い道が制限されているローンですから使い道を確認できる領収書などの書類も必要となります。

ホームセンターのカインズホームではペットグッズは充実していますが、生体の販売はあまり見かけません。

しかし、関東地方を中心としたカインズホームで「ペッツワン」というペットショップを展開しています。

ペッツワンのペットはカインズホームのサイトから見ることができ犬、猫、小動物など、カテゴリー別に検索することができます。

ペッツワンでは犬の販売に力を入れているようでトップページには新着犬がランダムに表示されており「この子だ!」と直感する犬に会えるかもしれません。

気に入った子が見つかったら、すぐにお家へ...と思うのが心情ですので資金に不安を感じたらペットローンを使うのも有効な方法です。

ローンが組める金融機関には銀行と消費者金融がありますが消費者金融だと、収入の三分の一を超える借り入れをNGの総量規制が適用されます。

パートをしている主婦の場合は年収の1/3以内でしたら消費者金融で融資を受けることができますが専業主婦の場合は年収がないので融資を受けることはできません。

銀行のローンは総量規制はないので専業主婦でも融資を受けることができますがペットローンに関しては、必ずしも借りられるというわけではありません。

スルガ銀行の申し込み条件に「安定した収入がある方」という項目があり条件によっては収入確認資料を提出しなければいけません。

イオン銀行もペットローンを扱っていますが、無収入の人は申し込めませんから専業主婦の方は、現金で購入するかご主人にローンを組んでいただくしかありません。

ペットローンというローンを提供している銀行は意外と少なくほとんどの銀行は多目的ローンという目的別ローンで対応しています。

ペットローンを販売している銀行はイオン銀行やスルガ銀行などがあり、信販会社のローンよりも低金利なのが特徴的です。

イオン銀行は最高借入金額は30万円から700万円で金利は年3.8%から年8.8%、返済期間は1年から8年迄、繰り上げ返済手数料はタダです。

一方で、スルガ銀行のペットローン金利が年2.5%から7.5%、最高借入金額は800万円、借入期間は最大10年です。

このように銀行のペットローンは低金利で限度額が高いのが魅力ですがその分、審査が厳しくなっています。

住宅ローンを組むに当たり審査は避けて通れませんがペットローンにも審査があります。

ペットローンのある金融機関には銀行や信販会社などがありますが審査が厳しいとされるのは銀行のペットローンです。

銀行のペットローンは信販会社のものよりも低金利ですが金利が低いほど審査が厳しいのが一般的です。

つまり、きちんと返済してくれる人なら安心して貸すことができるのでそのご褒美として金利を低くして貸してあげますよという事なのです。

銀行のペットローンが一番審査の難易度が高く、その次は信販会社のペットローンのようです。

ペットローンは生き物を購入する際に利用できるローンですが支払代金を借りるということは一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

つまり、ローン審査を通らない限り気に入った子を見つけてもペットローンは利用できないのです。

ペットローンに落ちたという話をよく耳にしますが審査に落ちたという人は他のローン審査も通過できない可能性があります。

過去に自己破産や債務整理をしていたり遅延や滞納歴があったとかそういうことに覚えがあるという人は恐らく信用情報に問題があります。

また、複数の金融機関から借りているとか申込時の情報に虚偽申告があった場合は問題外です。

ペットも当然ケガや病気になる可能性はあるのですが残念ながら、人間のような医療保険制度が確立されていないのが現状です。

ですから、ちょっとした通院でも全て実費で計算されるので生体代金よりも高くつくことも覚悟していなければなりません。

ペットが身近になりペット保険が普及しつつありますが、毎月の掛け金が高額なのに給付金が少額だったり給付条件が厳しいなど保険に入るメリットを感じられない保険も多く見受けられます。

又、ペットが若いうちは健康なので保険のお世話になる心配は少ないのですからペット保険は掛け損だと思う人もいるでしょう。

最近では、転ばぬ先の杖として保険に加入するよりも転んだ時の対策としてペットローンでまとまったお金を用立てるという人も多いようです。

楽天市場や銀行で有名な楽天ですがペットローンはやっていません。

楽天銀行にはスーパーローンという使途が自由なカードローンがありますがその他には教育ローンやブライダルローンといった目的型ローンがあります。

銀行の目的型ローンは使途は限定されるものの内容に関しての規定ないといのが一般的なのですが楽天銀行の目的型ローンは使い道についても限定されています。

楽天銀行のサイトには、自動車ローンも掲載されているのですがこちらは目的型ローンではなく通常のカードローン(楽天スーパーローン)での対応になります。

楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育以外のローンは通常のカードローンということですのでペットローンという名称にこだわる必要はまったくありません。

ペットローンを専門に取り扱う金融業者はまだ少ないですが多目的ローンというローンで対応している金融業者は多いです。

ローンを提供している金融機関には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、消費者金融には総量規制があるため無職の人は利用できません。

銀行は総称規制の対象外なので無職の人でも借入可能ですが、ほとんどの銀行で「安定かつ継続した収入があること」と条件付けされています。

信販会社のショッピングローン似ついて紹介するとペットローンの場合はペットの代金を信販会社が立て替えて支払うことになります。

この場合、直接現金をやり取りするわけではありませんので審査のハードルは高くないように思われますがこちらも申込資格には「安定継続した収入」という項目があることが多いです。

ペットショップで販売されているペットは数十万円にもなるので現金一括払いという人は少ないと思います。

ペットショップも動物が買ってもらわないことには商売になりませんから信販会社と提携してローンを組めるようにしているショップが多いです。

ショッピングローンはペットの購入費を信販会社が立て替えることで購入者は購入代金を信販会社へ分割払いで返済していくシステムです。

クレジットカードと変わらないのは?と思われるかもしれませんがショッピングローンというローンは購入対象の商品だけのローンになります。

ペットショップで申込書に記入するローンもショッピングローンですから審査結果から利用できるまでの時間は非常にスピーディです。

ペットローンを考えているけど年収が低くて審査に通るか自信がないなど最初の一歩がなかなか...という人も多いのではないでしょうか?ペットローンの申し込み条件は「安定かつ継続した収入があること」という項目が多く具体的に年収を条件として設けられているのはイオン銀行だけです。

ペットローンでは収入があればアルバイトなどの非正規でも融資可能というローンが多く収入よりも継続してお仕事をしているかということを重要視しているようです。

当然、年収は多い方が有利になりますがそれよりも勤続年数が3年以上ある事の方が評価は高いかもしれません。

他にも、過去にローンの遅延や債務整理はないかなど、返済状況や金融事故歴のほうが問題になります。

ペットローン借りるのに最適な銀行は?

楽天市場や銀行で有名な楽天ですがペットローンと言う商品は取り扱いがありません。

楽天銀行にはスーパーローンという使途が自由なカードローンがありますがその他には目的型ローンとして、教育ローン等と言ったローンがあります。

銀行の目的型ローンは使途は限定されるものの内容に関しての規定ないといのが一般的なのですが楽天銀行の目的型ローンは使い道についても限定されています。

楽天銀行のサイトには、ブライダルローンなど同じ項目で自動車ローンも掲載されていますが自動車ローンは目的型ローンではなく楽天スーパーローンでの対応になります。

このように楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育以外のローンは通常のカードローンになりますのであえてペットローンにこだわる必要はまったくありません。

ペットローンを利用してペットを飼いたいんだけど年収が低くて審査に通るか不安などなかなか踏ん切りがつかないという人も多いのではないでしょうか?ペットローンを申し込むには「安定かつ継続した収入があること」とされている場合がほとんどで具体的に年収を条件として設けられているのはイオン銀行だけです。

ペットローンでは収入があれば非正規雇用でもOKというローンが多く年収よりも、安定かつ継続していることの方が大切なようです。

もちろん、年収は多いに越したことはありませんがそれよりも勤続年数が長いことの事の方が重要です。

他にも、過去にローンの滞納がないか?自己破産歴がないか?など、返済状況や金融事故歴のほうが問題になりますから、年収ばかりに気をとられていてはいけません。

ペットローンというサービスを提供している金融業者はまだ少ないですが目的別ローンや多目的ローンで対応している業者は多いです。

融資元には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、総量規制がある消費者金融は、無職の人は申込むことができません。

銀行は総称規制の対象外なので法律上は無職や無収入の人でも借り入れることはできますが、申込資格に「安定かつ継続した収入があること」と条件付けされている場合が多いです。

信販会社のショッピングローン似ついて紹介するとペットローンの場合だと、ペットの料金を信販会社が立て替えて支払ってくれるというものです。

直接現金を借り入れるわけではありませんので、なんとなく審査のハードルは高くないように思われますがこちらも申込資格には「安定継続した収入」が条件になっていることが大半です。

ペットローンを用意している銀行や信販会社は色々とありますがいずれのローンでも返済する際には利息必要です。

金利が低い順だと、銀行、信販会社、消費者金融で金利が低いほど審査基準が上がると言われています。

銀行ペットローンの金利で比較してみると、イオン銀行は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の場合は年2.5%から年7.5%となっていますがオリコの多目的プランだと年6.0%から13.2%ですから銀行よりも高い金利なのです。

消費者金融のプロミスだとペットローンはないので、目的ローンという商品になり金利は通常のカードローンよりも1.0%ほど低めですが年6.3%から年16.5%と一番高くなっています。

借入可能な限度額はイオン銀行で700万円、スルガ銀行は800万円なのに対し消費者金融のプロミスの場合は300万円程度で、総量規制も適用されます。

ペットローンというローンを提供している銀行は意外と少なくほとんどの銀行は多目的ローンという目的別ローンで対応しています。

ペットローンというローンを提供している銀行はイオン銀行やスルガ銀行などがあり、信販会社のペットローンよりもメリットが多いのです。

イオン銀行は最高借入金額は30万円から700万円で金利は年3.8%から年8.8%、借入期間は8年まで、繰り上げ返済手数料は無料です。

一方で、スルガ銀行のペットローン金利が年2.5%から7.5%、最高借入金額は800万円、繰り上げ返済はいつでも無料、借入期間は最大10年となっています。

このように銀行のペットローンとても魅力的なのですがそれだけ審査が厳しく高い信用力をもっていないと審査に通ることはできません。

銀行と消費者金融にはローンの提供がありますが消費者金融だと、収入の三分の一を超える借り入れをNGの総量規制が適用されます。

パートをしている主婦の場合は年収の1/3以内でしたら消費者金融で融資を受けることができますが専業主婦だと消費者金融から融資を受けることはできません。

銀行のローンは総量規制の適用外なので専業主婦でも利用することができますが、ペットローンは、必ずしも借りられるわけではありません。

スルガ銀行の申し込み条件に「安定した収入がある方」という項目があり条件によっては収入確認資料の提出を要求される場合があります。

イオン銀行もペットローンを扱っていますが、無収入の人は申し込めませんから専業主婦の方は、夫の名義でローンを組みましょう。

ペットローンは生き物(動物)を購入するためのローンですが支払代金を借りるということは一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

ですから、所定のローン審査を受けて承認されない限り気に入った子を見つけてもペットローンを利用することはできません。

ペットローンに落ちたことで、気にいった子をお迎えできなかったという話を聞くことがありますが審査に落ちた人は、原因が必ずあるはずです。

過去に遅延や滞納歴があったとか携帯電話の支払いを遅れたことがあるという人は信用情報に記載されている可能性が高いです。

また、数社から借金をしているとか虚偽の申告をしてしまったという場合は通るわけがありません。

オリコのローンには目的別ローンなどがあるのですが中でもオリコのオートローンは業界のトップをシェアしていることでも有名です。

しかし、オリコではペットローンは扱っておらず旅行資金や歯の治療などに利用できる多目的プランを利用することになります。

ペットショップがオリコと提携していればこのローンに申し込むことになりますがオリコの審査は非常にスピーディなので審査をクリアできればすぐに契約することができます。

金利は6.0%から13.2%、借入限度額は10万円から300万円までとなっています。

気を付けなければいけない点として、オリコから借りるお金が50万円を超える場合や他社からの借入れと合計で100万円を超える場合は所得証明書の提出が求められます。

ペットローンという商品を取り扱っていない銀行や消費者金融などは目的別ローンなど、学費など使途を限定すること金利を抑えた商品を提供しています。

年利率は、銀行のペットローンが一番低いのですが低金利なローンほど審査の難易度があがると言われています。

同じ金融機関でもカードローンのように使い道が限定されないフリーローンもありますが、使途を厳しく制限されている低金利ローンの方が審査は厳しいと言われています。

つまり銀行のペットローンはローンの中でも一番審査が厳しいことが予想されますから審査になかなか通らないという人は、同じ銀行のカードローンであれば審査をクリアできるかもしれません。

又、銀行カードローンの審査は信販会社で提供しているペットローンと同じくらいの審査基準という話もありますから双方の金利を比較して、金利が低いローンに申し込むのも良いと思います。

ペットショップでペットを買う際にローンを組むとしたら頭金を納めておくと借入金額を減らすことができます。

借入金額が減ることで審査のハードルもぐっと下がりますから安心してペットローンを利用できますよね。

頭金の金額は多いに越したことはありませんが頭金の金額は任意です。

ただし、犬や猫の場合は生体価格以外にワクチンなどの費用が数万円程度かかりますから手持ちのお金を全て頭金にしてしまうのは避けましょう。

その他にも、首輪や餌、ペットシーツなどのといった費用も必要になりますし小屋やケージを購入するとなると、さらに数万円はかかってしまいます。

ペットショップのコジマでペットローンを利用する場合はショッピングローンとなり信販会社の審査を通過する必要があります。

信販会社には、セディナやオリコなどがありますが、ほとんどの信販会社ではペットローンはなく、目的別ローンでペットの購入にも利用できるように対応しています。

目的別ローンとは使途が限られている反面、低金利で融資可能なローンのことでその代表的なものは、自動車を購入する際のオートローンやマイカーローンといったローンが上げられます。

オリコだと多目的プランというサービス名で最高300万円まで借入可能で、利率は6.0%から13.2%となっています。

同様に信販会社のセディナにも総合目的ローンという商品があるのですが金利は7.8%から11.8%で最大融資額は300万円となっています。

スルガ銀行は関東ではあまり見かけないかもしれませんがネットバンキングでは全国展開しています。

銀行だとペットを購入する際は多目的ローンで対応することが多いのですがスルガ銀行はペットローンがある数少ない銀行です。

スルガ銀行ペットローンの内容は、最高限度額800万円と高額にもかかわらず年利が2.5%から7.5%と低く設定されており、最大120回払いと大変良心的なスペックになっています。

参考:スルガ銀行デンタルローン審査は厳しい?低金利の借り方の流れ

パソコンやスマホで申込が可能で審査から手続きまで全てがWeb完結します。

申込資格は年齢が20歳以上65歳未満、完済時年齢が70歳以下である人で安定・継続した収入があることが条件になっています。

ペットショップにいる動物は数10万円と高額なので現金一括払いという人は少数派だと思います。

ペットが売れないことにはショップも商売になりませんので信販会社と提携してショッピングローンを組めるように対応している店舗が多いです。

ショッピングローンはペットの購入費を信販会社が立て替えることで購入者は購入代金を信販会社へ分割払いで返済していくシステムです。

クレジットカードで買い物をするのと同じ感覚かもしれませんがショッピングローンというローンは購入対象の商品だけのローンになります。

ペットショップで申請する信販会社のローンはショッピングローンなので審査結果から利用できるまでの時間は非常にスピーディです。

ペットローンとはペットショップなどから動物を購入する際に購入資金を工面するために用意されたローンです。

柴犬でも13万円から28万円が相場となっていますしトイプードルやロングチワワでは20万円から38万円と高価になります。

アメリカンショートヘアーやスコティッシュフォールドなど人気の猫種だと、20万円から28万円が相場となっていてブリティッシュショートヘアーでは21万円から38万円もの価格になります。

血統書の有無でも価格が大きく変わりますのでペットショップで動物を飼うということは、決して安い買い物ではないのです。

特にペット選びというのはビビッときた子が運命の出会いですからすぐにお迎えするにはペットローンを有効に利用したいですね。

ペットだってケガや病気になる可能性は当然あるのですが人間のような医療保険制度には程遠いものといえるでしょう。

ちょっとした病気でも全て実費なので数万円の治療費はざらにあると覚悟しておかなければいけません。

最近はペット保険が増えてきましたが、毎月の掛け金が高額なのに給付金が少なかったり給付条件が厳しいなどあまり実用的でない保険も多く見受けられます。

又、ペットが若いうちは病気になる確率も低いためペット保険はまだ入る必要はないとと感じる人も少なくないと思います。

今は、転ばぬ先の杖としてペット保険に入るのではなく何かあったときにペットローンの利用を考えている人も多いようです。

関連ページ