ペットローンの審査が専業主婦でも申し込みOKって真実?

住宅ローンを組む際に審査があるようにペットローンにも審査があります。

ペットローンのある金融機関には銀行や信販会社などがありますが銀行のペットローンは、審査が厳しいと評判です。

銀行のペットローンは信販会社のものよりも低金利ですが金利が低いほど審査が厳しくなるという傾向にあります。

滞納せず返済してくる人であれば安心して貸すことができるのでその代価として低金利で融資しますよという事なのです。

銀行のペットローンが一番審査の難易度が高く、次いで信販会社のペットローンが審査が厳しいと言われています。

ペットショップで販売している動物は数十万円という高額なので現金一括払いで支払える人は少ないと思います。

ペットが売れないことにはショップも商売になりませんので信販会社と提携することでローンを組めるようにしている店舗が多いです。

ショッピングローンはクレジットカードのように購入代金を信販会社が立て替えて支払い購入者は信販会社へ利子を付けて分割で返済していくことになります。

クレジットカードで買い物をするのと同じ感覚かもしれませんがショッピングローンは購入対象となる商品だけのローンになります。

信販会社のローンはショッピングローンなので審査結果から利用できるまでの時間は非常にスピーディです。

ペットローンとはペットショップで動物を買う場合に利用されるローンです。

柴犬でも13万円から28万円が相場となっていますしトイプードルやロングチワワだと、30万円前後の価格帯になります。

人気の猫種もアメリカンショートヘアーやスコティッシュフォールドは20万円から28万円が相場でブリティッシュショートヘアーでは21万円から38万円もの価格になります。

さらに血統書の有無でも価格は変わってきますので犬や猫を飼うということは、高性能のパソコンなみにお金がかかりますから決して安い買い物ではないのです。

特にペット選びの場合はビビッときた子と出会った時が運命なのですぐにお迎えするにはペットローンを有効に利用したいですね。

スルガ銀行は関東では馴染みが浅いですが、静岡県沼津市に本店がある地方銀行で実店舗は5大都市圏に展開しているだけでなくネットバンキングでも全国展開している沼津市指定金融機関です。

通常、銀行では動物を購入する際のローンは多目的ローンの利用となる場合が多いのですがスルガ銀行はペットローンを独立した商品として存在します。

スルガ銀行のペットローンは、最高800万円にもかかわらず年利が2.5%から7.5%と低いのが特徴的です。

全国どこからでも申込が可能で全てWeb完結します。

ローンの申込条件として年齢が20歳以上65歳未満、安定した収入があることが必須となっています。

ペットローンを利用してペットを飼いたいんだけど年収が低くて審査に通るか不安など最初の一歩が踏み出せないという人もいるのではないでしょうか?ペットローンの申し込み条件は「安定かつ継続した収入があること」という項目が多く具体的に年収を条件として設けられているのはイオン銀行だけです。

ペットローンではパートやアルバイトでも安定した収入があればOKというローンが多く年収よりも、安定かつ継続のということの方が重要視されているようです。

もちろん、年収は多いに越したことはありませんが勤続年数が長ければ長いほど評価は高くなると言えるでしょう。

他にも、過去にローンの遅延や債務整理はないかなど、返済状況や金融事故歴のほうが問題になりますから、年収ばかりに気をとられていてはいけません。

オリコのローンはカードローンや目的別ローン、キャッシングがありますが中でもオリコのオートローンは業界のトップをシェアしていることでも有名です。

しかし、オリコにはペットローンはなく、多目的プランを利用することになります。

ペットショップがオリコと提携している場合、多目的ローンに申し込むことになりますがオリコの審査は非常に早いので、その場で審査に通ればすぐに契約することができます。

申し込み条件は満20歳以上、担保や保証人は不要で、借入可能額は10万円から300万円までとなっています。

注意点として、オリコから借り入れるお金が50万円を超える場合や他社からの融資と合わせて借入が100万円を超えてしまった場合は所得証明書の提出が必要となります。

ペットローンは生き物(動物)を購入するためのローンですが借入には変わりませんので一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

そのため、ローン審査を受けて承認されない限り気に入った子を見つけてもペットローンは利用できないのです。

ペットローンに落ちたという話をよく耳にしますが審査に落ちた人は、その原因を解明しないと他のローン審査も通過できない可能性があります。

過去に自己破産をしていたり携帯電話の支払いを忘れたことがあったりすると、信用情報に傷がついている可能性があります。

その他にも、数社からカードローンを借りているとか申込時の情報に借入件数や金額を少な目に記載したなどの虚偽申告があった場合は問題外です。

ローンが組める金融機関にはいくつかありますが消費者金融だと総量規制が適用されます。

ですから、パート主婦の場合は年収の1/3以内でしたら消費者金融でローンを組むことができますが、専業主婦だと消費者金融から融資を受けることはできません。

銀行のローンであれば専業主婦でも利用することができますが、ペットローンに関しては、必ずしも借りられるというわけではありません。

スルガ銀行の申請資格に「安定した収入がある方」とありますので場合によっては収入確認資料の提出が求められます。

イオン銀行もペットローンがありますが、学生や専業主婦、無職の人は申し込むことはできませんので専業主婦の方は、現金で購入するかご主人にローンを組んでいただくしかありません。

ペットショップのコジマでペットローンを利用する場合

扱いとしてはショッピングローンとなり信販会社の審査を通過する必要があります。

信販会社には、セディナやオリコなどがありますが、ほとんどの信販会社ではペットローンはなく、目的別ローンでペットの購入にも利用できるように対応しています。

目的別ローンとは使い道を限定して低金利で融資するローンのことで代表的なものとして、マイカーローンなどが挙げられます。

オリコの場合は多目的プランという名称で最高300万円まで融資を受けることができます。

同様に提携しているセディナにも総合目的ローンという商品があり金利は7.8%から11.8%、最高300万円となっています。

ショッピングサイトで有名な楽天ですがペットローンと言うサービスの提供は行っていません。

楽天銀行には使途が自由なスーパーローンというカードローンがありますがその他には教育ローンやブライダルローンといった目的型ローンがあります。

銀行の目的型ローンは使途は限定されるものの内容に関しての規定ないといのが一般的なのですが楽天銀行の場合はブライダルローンはブライダル専用というように使い道も限定されています。

楽天銀行には自動車ローンもあるのですがこちらは目的型ローンではなく楽天スーパーローンとなります。

楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育を除き、その他のローンは通常のカードローンでの融資になりますのでペットローンという名称にこだわる必要はまったくありません。

ペットローンがある銀行は非常に少なく大多数の銀行は目的別ローンで対応しています。

ペットローンを販売している銀行はイオン銀行やスルガ銀行などがあり、信販会社のローンよりも低金利なのが特徴的です。

イオン銀行の場合は金利が年3.8%から年8.8%で最高借入金額は30万円から700万円、借入期間は最大8年までです。

スルガ銀行の最高借入金額は800万円で、年利2.5%から7.5%、繰り上げ返済はいつでも無料、借入期間は最大10年となっています。

銀行のペットローンというのは、非常にメリットが多いのですがその分、審査が厳しくなりますのでご注意ください。

ペットローンを提供していない銀行や消費者金融などは多目的ローンとか目的別ローンというように使途を限定する目的で金利を抑えた商品を提供しています。

年利率は、銀行のペットローンが一番低いのですが低金利なローンほど審査が厳しくなります。

同じ金融機関でも使い道が制限されないフリーローンというローンもありますが、ペットローンのように使途を限定することにより低金利にしたローンの方が審査は厳しいと言われています。

つまり銀行のペットローンはローンの中でも一番審査が厳しいことが予想されますから審査に通らないという人は、同行のカードローンなら通るかもしれません。

又、銀行カードローンの審査は信販会社のペットローンと同じレベルという話もありますから双方の金利を比較して、金利が低いローンに申し込むのも良いと思います。

セディナにはペットローンはありませんが総合目的ローンという商品があります。

総合目的ローンは入院や引っ越しなど大きい額の資金を調達しなければいけないようなときに利用出来るローンになっています。

ペットショップで発行される見積書や契約書があれば融資資金の使い道を証明できるのでペットローンにも利用することができます。

ローンの条件は満20歳以上で完済時の年齢が65歳以下であることや、安定継続した収入があり、勤続年数が1年以上と規定されています。

貸付金利は7.8%から11.8%と低めに設定となっており、担保や保証人不要で返済期間は最長5年となっています。

スルガ銀行は関東では知らない人も多いかもしれませんが、静岡県に本店がある地方銀行で実店舗は5大都市圏に展開しています。

銀行ではペットローンは多目的ローンで対応している場合が多いのですがスルガ銀行はペットローンを独立した商品として存在します。

スルガ銀行のペットローンは、最高800万円にもかかわらず年利が2.5%から7.5%と低いのが特徴的です。

全国どこからでも申込が可能で全てWeb完結します。

ローンの申込条件として年齢が20歳以上65歳未満、安定した収入が必要です。

ペットローンという商品を扱っている金融機関はまだ少ないですが多目的ローンといった名称で対応している業者は多いです。

借入を行っている金融機関には銀行や信販会社などがありますが、消費者金融には総量規制がありますので無職の人は申込み不可です。

銀行は総称規制の対象外なので無職の人でも融資を受けることはできるのですが、申込資格に安定かつ継続した収入があることと条件付けされている場合が多いので、完全に無収入の人は厳しいでしょう。

信販会社のショッピングローンについて説明するとペットローンの場合はペットの代金を信販会社が立て替えて支払うことになります。

この場合、直接現金をやり取りするわけではありませんので審査のハードルは高くないように思われますがこちらも申込資格には「安定継続した収入」が条件になっていることが大半です。

パートやアルバイトの人がペットローンを組む場合には様々な条件がついたり制限を受けることがありますから注意してください。

どの金融機関でも確実に返済してもらう判断基準として「安定かつ継続した収入」が条件になりますので勤務期間は最低でも1年以上継続していることが望ましいです。

イオン銀行には前年度年収が200万円以上という条件があるのですがスルガ銀行の場合は年収制限はないので、アルバイトでも申し込み可能です。

信販会社ではオリコが使途にペット購入費を認めている多目的プランというのがありますが満20歳以上で安定した収入があれば、アルバイトでも申し込みは可能です。

消費者金融にはペット購入目的のローンはないのですがプロミス目的ローンであれば収入の1/3以内ならアルバイトでも申し込み可能です。