ペットショップで使えるローン審査に関する私の基準

ペットショップにいるペットは数十万円以上することが多いので現金一括払いという人は珍しいかもしれません

ペットショップも売れなければ商売になりませんから信販会社と提携してペットローンを組めるようしています。

ショッピングローンというローンは代金を信販会社が立て替えて購入者は代金を信販会社へ分割払いで返済していくというものです。

クレジットカードと変わらないのは?と思われるかもしれませんがショッピングローンというローンは購入対象の商品だけのローンになります。

ペットショップで申込書に記入するローンもショッピングローンですから審査も速くすぐに利用できるメリットがありますが、追加融資は受けられません。

パートやアルバイトの人がペットローンを組む場合には様々な条件がついたり制限を受けることがありますから注意してください。

どの金融機関でも確実に返済してもらう判断基準としていますので継続勤務期間は最低でも1年以上は欲しいところです。

イオン銀行には前年度年収が200万円以上という条件があるのですがスルガ銀行は年収制限がありませんので、アルバイトでも申請可能です。

信販会社だと、オリコに多目的プランがありますがこちらも満20歳以上かつ、安定した収入がある人であれば、アルバイトでもOKです。

消費者金融の場合はペットローンという商品はありませんが、プロミスでは目的ローンという低金利なローンで対応していますので、収入の1/3以内ならアルバイトでもOKです。

銀行や消費者金融でローンを組むことができますが消費者金融の場合は収入の1/3を超える借り入れはできません。

ですから、パート主婦の場合は年収の1/3以内でしたら消費者金融でローンを組むことができますが、専業主婦の場合は年収がないので借入はできません。

銀行のローンは総量規制はないので専業主婦でも融資を受けることができますがペットローンに関しては、必ずしも借りられるとは限りません。

スルガ銀行の場合だと「安定した収入がある方」という条件がついており条件によっては収入確認資料の提出が必要になることもあります。

イオン銀行でもペットローンはありますが、専業主婦や無職の人は申し込めませんので専業主婦の方は、旦那さんにローンを組んでもらいましょう。

住宅ローンやカードローンに審査があるようにペットローンにも審査があります。

ペットローンは銀行や信販会社などで取り扱っていますが審査が厳しくハードルが高いのは銀行のペットローンです。

銀行のペットローンはペットショップで組むローン(信販会社)よりも低金利で人気がありますが金利が低いほど審査が厳しくなるという傾向にあります。

ちゃんと返済してくれる人であれば安心して貸すことができるということで見返りとして低い金利で融資してあげますよという事なのです。

銀行のペットローンが一番審査が厳しく次いで信販会社のペットローンとなっています。

ペットショップでペットを買う際にローンを組むとしたら頭金を用意しておくことで借入金額を減らすことができます。

借入金額が減れば審査のハードルも下がりますから安心してペットローンに申し込むことができると思います。

頭金は多ければ多いに越したことはありませんが頭金の金額は自分で設定することができます。

ただし、生体価格のほかにもワクチンなど別途費用が数万円かかりますから手持ちのお金をすべて頭金にするのはおすすめしません。

その他にも、首輪や餌、ペットシーツなどのといった費用も必要になりますし小屋やケージを含めると生体体の他に数万円はかかることを覚悟しておきましょう。

ペットローンというローンを取り扱っている信販会社や銀行は数多くありますがどのようなローンでも返済する際には必ず利息が発生します。

一般的に金利が低いとされている順だと、銀行、信販会社、消費者金融という並びになり金利が低くなるにつれ審査の厳しさが上がります。

銀行ペットローンの金利を例に比較すると、イオン銀行の金利は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の金利は年2.5%から年7.5%で、オリコの多目的プランの場合は年6.0%から13.2%というように銀行よりも高めの金利になっています。

消費者金融のプロミスだとペットローンはないので、目的ローンという商品になり金利は通常のカードローンよりも1.0%ほど低めですが年6.3%から年16.5%と一番高くなっています。

借入の最大限度額はイオン銀行が700万円で、スルガ銀行は800万円となっていますがオリコやプロミスは300万円程度でしかもプロミスには総量規制が適用されるというおまけつきです。

ペットローンは銀行のローンが2社あり、その他の銀行や信販会社、消費者金融などは目的別ローンといった形で使い道を制限し金利を抑えた商品を提供しています。

金利は銀行のペットローンが一番低く、次いで信販会社、消費者金融となっていますが低金利なローンほど審査の難易度があがると言われています。

また、同じ金融機関でも使い道が制限されないフリーローンもありますが、使い道が限られている低金利のローンの方が審査に通るのは大変と言われています。

つまり銀行のペットローンはローンの中でも特に審査のハードルが高いことが予想されますから審査に通らないという人は、同行のカードローンなら通るかもしれません。

銀行カードローンの審査基準は信販会社のペットローン同じくらいとも言われていますので両者の金利を比較して、低金利のローンに申し込むのもオススメです。

三井住友のセディナにはペットローンというローンはないのですが総合目的ローンでペットを購入するためのローンを組むことができます。

総合目的ローンは入院や引っ越しなど大きな額の資金が必要になったときに利用出来るというローンです。

ペットショップの見積書や契約書があれば融資資金の使い道を証明できるのでペットローンにも利用することができます。

申請条件は満20歳以上であることや、安定継続した収入などがあります。

融資額は5万円から300万円、金利は7.8%から11.8%、返済期間は最長5年(60回)です。

住宅ローンやカードローンに審査があるようにペットローンにも審査があります

ペットローンを提供している金融機関には銀行や信販会社があるのですが審査が厳しいとされるのは銀行のペットローンです。

銀行のペットローンというのは、ペットショップで組むローンよりも低金利なため人気がありますが金利が低いほど審査が厳しいのが一般的です。

滞納せず返済してくる人であれば安心して貸すことができるので見返りとして低い金利で融資してあげますよという事なのです。

審査の難易度については銀行のペットローンが一番厳しくその次は信販会社のペットローンのようです。

ペットを購入する際にローンを組むとしたら頭金を用意しておくことで借入金額を減らすことができます。

借入金額が少なければ審査のハードルも低くなりますので安心してペットローンを利用できますよね。

頭金は多ければ多いに越したことはありませんがいくら納めるかは自分で設定することができます。

ただし、犬や猫の場合はその子以外に狂犬病やワクチンなど別途費用が数万円かかりますから手持ちのお金をすべて頭金につぎ込んではいけません。

別途かかる費用としては首輪や餌、ペットシーツなどの小物代も必要になりますし小屋やケージ、サークル等を含めると数万円はかかることを計算しておきましょう。

パートやアルバイトなどの非正規雇用の人がペットローンを組む場合には期間や金額等制限を受けることがありますから注意してください。

どの金融機関でも「安定かつ継続した収入」が条件になりますので勤務期間は最低でも1年以上はないと審査に通るのは難しいでしょう。

雇用形態や年収については、イオン銀行の場合は原則として前年度の税込み年収が200万円以上という条件がついていますがスルガ銀行は年収制限がありませんので、アルバイトでも申請可能です。

信販会社ではオリコが使途にペット購入費を認めている多目的プランというのがありますが満20歳以上で安定した収入があれば、アルバイトでも申し込みは可能です。

消費者金融の場合はペットローンという商品はありませんが、プロミスの目的ローンという低金利なローンなら、収入の1/3以内ならアルバイトでも借入できます。

ペットローンを提供している銀行は少なく大抵は多目的ローンで対応しています。

ペットローンを販売している銀行はイオン銀行やスルガ銀行などがあり、信販会社のペットローンよりも低金利で利用することができます。

イオン銀行だと年利3.8%から年8.8%で借入金額は30万円から700万円まで、借入期間は最大8年までです。

スルガ銀行の金利は年2.5%から7.5%、最高借入金額は800万円、借入期間は最大10年です。

このように銀行のペットローンとても魅力的なのですがそれだけ審査が厳しくなっているのは否めません。

ペットショップにいるペットは数十万円以上することが多いので現金一括払いという人は少数派だと思います。

ペットショップも動物が買ってもらわないことには商売になりませんから信販会社と提携することでローンを組めるようにしている店舗が多いです。

ショッピングローンというローンは代金を信販会社が立て替えて購入者は購入代金を信販会社へ分割払いで返済していくシステムです。

クレジットカードで買い物をするのと同じ感覚かもしれませんがショッピングローンはペットならペットのみ、パソコンならパソコンのみという風に、購入対象の商品だけのローンになるというものです。

ペットショップで申込書に記入するローンもショッピングローンですから審査結果から利用できるまでの時間は早いですが、カードもありませんし追加融資も受けられません。

セディナにはペットローンは用意されていないのですが総合目的ローンがあります。

総合目的ローンは、大きな資金が必要になったときに利用出来るローンになっています。

ペットショップから発行された契約書などがあれば使途を証明できるのでペットローンにも利用できます。

ローンの条件は満20歳以上で完済時の年齢が65歳以下であることや、安定継続した収入などがあります。

貸付金利は7.8%から11.8%と低めに設定となっており、返済期間は最長5年(60回)、しかも担保や保証人不要ですから安心して利用することができますね。

ペットローンとはペットショップで動物を買う場合に組むことができるローンです。

人気の犬種で一番安価な柴犬でも13万円から28万円が相場ですしトイプードルやロングチワワでは20万円から38万円と高価になります。

猫の場合は、スコティッシュフォールドは20万円から28万円が相場でブリティッシュショートヘアーは30万円前後が相場のようです。

血統書の有無によっても価格は変わりますから犬や猫を飼う場合は日常生活の中では決して安いとは買い物ではないということを肝に銘じておきましょう。

ペット選びというのは、運命の出会いですからすぐにお迎えするにはペットローンを有効に利用したいですね。

ペットだってケガや病気になる可能性は当然あるのですが人間のような医療保険制度が確立されてはいません。

ちょっとした病気でも全て実費なので数万円もの治療費がかかることは覚悟していなければなりません。

近頃はペット保険が普及しつつありますが、請求手続きが複雑などなかなか請求できないなど実用的でない保険が数多く見受けられます。

また、ペットが若いうちは保険のありがたみを感じづらいのでペット保険は損と感じる人も多いようです。

最近では、転ばぬ先の杖として保険に加入するよりも転んだ時の対策としてペットローンの利用を考えている人も多いようです。