ペットローンって審査が通らないの?実際はどう?

三井住友のセディナにはペットローンというローンはないのですが総合目的ローンがあります。

セディナの総合目的ローンは、大きな資金が入用になった際に利用出来るローンです。

ペットショップで発行される見積書や契約書があれば動物の購入にも利用できます。

申請条件は満20歳以上であることや、安定継続した収入があることや、勤続年数が1年以上などといった規定があります。

融資額は5万円から300万円で、担保や保証人不要、返済期間は最長5年(60回)なので、安心して利用することができますね。

ペットローンというのはペットの購入費などに使い道が制限されているローンなのですがローンに申込んで審査をクリアしなければ利用することはできません。

申請するには郵送やインターネットから選べ、申込書に記入し送付または送信しなければいけません。

申請に必要なものとして、本人確認書類のほかに収入を証明する書類も必要になります。

(50万円を超える借り入れの場合)すでに他社からの融資を受けていたり、所得制限があるローンでも収入証明書類の提出が求められます。

ペットローンは使途が限られているローンなのでペットショップが発行する領収書などの提出も求められます。

スルガ銀行は関東では馴染みが浅いですが、静岡県沼津市に本店がある地方銀行で実店舗は5大都市圏に展開しているだけでなくネットバンキングでも全国展開している沼津市指定金融機関です。

銀行ではペットローンは多目的ローンで対応している場合が多いのですがスルガ銀行はペットローンを取り扱っている数少ない銀行です。

スルガ銀行のペットローンは、最大融資額が800万円と高額にもかかわらず年利が2.5%から7.5%、支払回数は最大120回払いと非常に良心的なスペックです。

パソコンやスマホで申込が可能で来店する必要もありません。

ペットローンの申込資格は年齢が20歳以上65歳未満、安定・継続した収入があることが条件になっています。

ペットローンという商品を取り扱っていない銀行や消費者金融などは多目的ローン等、使途を限定して金利を抑えた商品を提供しています。

金利は、銀行の一番低く、消費者金融が1番高いとされていますが審査の厳しさは低金利なローンほど難易度があがると言われています。

また、同じ金融機関でも使い道が制限されないフリーローンもありますが、ペットローンのように使い道が限られている低金利のローンの方が審査は厳しいと言われています。

よって銀行のペットローンはローンの中でも最高峰に審査が厳しいはずですので審査に通らないという人は、同じ銀行のカードローンなら審査をパスできるかもしれません。

また、銀行カードローンは信販会社のペットローンの審査基準は同程度という話もありますから2つの金利を比べてみて、金利が低いほうに申し込むのも良いでしょう。

ペットローンというローンを提供している銀行は意外と少なくほとんどの場合で目的別ローンというローンで対応しています。

イオン銀行やスルガ銀行などにはペットローンがあり、信販会社のローンと比較してかなり低金利になっています。

イオン銀行だと年利3.8%から年8.8%で借入金額は30万円から700万円まで、借入期間は1年から8年まで、繰り上げ返済手数料は無料となっています。

一方で、スルガ銀行のペットローン金利が年2.5%から7.5%、最高借入金額は800万円、借入期間は最大10年で、こちらも繰り上げ返済がいつでも無料です。

銀行のペットローンというのは、非常にメリットが多いのですがそれだけ審査が厳しく高い信用力をもっていないと審査に通ることはできません。

ペットを買う際にローンを組むことを検討しているのであれば頭金を納めておくと借入金額を減らすことができます。

借り入れ金額を減らすことができれば審査のハードルも下がりますから安心してローンに申し込むことができますよね。

頭金は多いに越したことはありませんが金額は自分で設定することができます。

ただし、生体価格以外にワクチンなど別途費用がかかりますから手持ちのお金を全て頭金にしてしまうのは避けましょう。

その他餌、ペットシーツ、おやつなどのといった消耗品も必要になってきますし犬小屋やケージを含めると数万円はかかってしまいます。

オリコにはカードローンや目的別ローン、キャッシングなどがありますが中でもオリコのオートローンは業界のトップの地位を築いています。

しかし、オリコではペットローンは扱っておらず使途が自由な多目的プランを利用することになります。

よって、ペット販売店がオリコと提携していれば多目的ローンの利用になりますがオリコの審査は非常に早いので、その場で審査に通ればすぐに契約することができます。

返済利率は6.0%から13.2%、借入限度額は10万円から300万円までとなっています。

注意点として、オリコから借り入れるお金が50万円を超える場合や他社からの借入れと合計で100万円を超える場合は所得証明書の提出が求められます。

ペットローンは生き物(動物)を購入するためのローンですが借入には変わりませんので一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

よって、ローン審査を受けて承認されないとお迎えしたい子がいてもペットローンを利用できません。

ペットショップのペットローンに落ちたとか利用できなかったという話を聞くことがありますが審査に通らなかった人は原因があるはずです。

これまでに自己破産や滞納歴があったとか携帯電話の支払いを忘れたことがあるという人は信用情報に問題があります。

その他にも、数社からカードローンを借りているとか虚偽の申告をしてしまったという場合は通るわけがありません。

ペットショップから発行された契約書などがあれば動物の購入にも利用できます。

ペットもケガや病気になる可能性はあるのですが残念ながら、人間のような医療保険制度が確立されていないのが現状です。

ですから、ちょっとした通院でも全て実費で計算されるので生体代金よりも高くつくことも覚悟していなければなりません。

ペット保険が普及しつつありますが、掛け金が高額なのに対し給付金が少額だったり請求手続きが複雑などなかなか請求できないなど実用的でない保険が数多く見受けられます。

又、ペットが若いうちは健康なので保険のお世話になる心配は少ないのですからペット保険は損と感じる人も多いようです。

最近では、転ばぬ先の杖として保険に加入するよりも転んだ時の対策としてペットローンでまとまったお金を用立てるという人も多いようです。

三井住友フィナンシャルグループのセディナにはペットローンはありませんが総合目的ローンがあります。

セディナの総合目的ローンは入院や結婚式など大きな額の資金が必要になったときに利用出来るというローンです。

ローンを組むには満20歳以上であることや、安定継続した収入があり、原則として勤続年数が1年以上の人と規定されています。

貸付金利は7.8%から11.8%と低めに設定となっており、返済期間は最長5年となっていますので、無理のない返済が可能となっています。

ショッピングサイトで有名な楽天ですがペットローンと言う商品は取り扱っていません。

楽天銀行にはスーパーローンという使途が自由なカードローンがありますが他には目的型ローンとして、ブライダルローンや教育ローンといったローンがあります。

通常、銀行の目的型ローンは使途を限定するだけで内容に関しての規定はありませんが楽天銀行の場合はブライダルローンはブライダル専用というように使い道も限定されています。

楽天銀行のサイトには、自動車ローンもありますがこちらは通常のカードローン(楽天スーパーローン)扱いになります。

このように楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育以外の借入は楽天スーパーローンということになりますのでペットローンというサービスにこだわる必要性はありません。

ペットローンを利用してペットを飼いたいんだけど年収が低くて審査に通るか不安などなかなか踏ん切りがつかないという人も多いのではないでしょうか?ペットローンには「安定かつ継続した収入があること」とされていることが大半で年収制限が設けられているのはイオン銀行の200万円だけです。

その他のペットローンでは収入があればパートやアルバイトなどの非正規雇用でもOKというローンが多く収入よりも安定かつ継続して勤務しているということの方が重要視されているようです。

当然、年収は多い方が有利になりますがそれよりも勤続年数が長いことの事の方が重要です。

他にも、過去にローンの滞納がないか?自己破産歴がないか?など、返済状況や金融事故歴のほうが問題になるのは言うまでもありません。

スルガ銀行は関東では知らない人も多いかもしれませんが、静岡県に本店がある地方銀行でネットバンキングでは全国展開している沼津市指定の金融機関です。

銀行の場合、ペットローンは多目的ローンで対応するのが一般的ですがスルガ銀行はペットローンを独立した商品として存在します。

スルガ銀行のペットローンは、最高800万円にもかかわらず金利が2.5%から7.5%と非常に低金利なのがお分かり頂けるかと思います。

全国どこからでも24時間パソコンやスマホで申込が可能で全てWeb完結します。

申込資格は年齢が20歳以上65歳未満である人で安定した収入があることが必須となっています。

ペットショップのコジマでペットローンを組む場合はショッピングローンとなります。

コジマと提携している信販会社はセディナやオリコなどがありますが、多くの会社ではペットローンではなく、目的別ローンとしてペットにも利用できるように対応しています。

目的別ローンとは使い道を限定して低金利で融資するローンのことでその代表的なものとしてオートローンやマイカーローンなどがあります。

オリコの場合は多目的プランという名称で最高300万円まで借りることができます。

セディナは総合目的ローンという商品で最高300万円、金利は7.8%から11.8%です。

オリコにはカードローンや目的別ローン、キャッシングなどがありますが車を購入する際に利用するオートローンはトップをシェアを誇ります。

しかし、オリコではペットローンというローンは用意されておらず、旅行資金や資格取得、冠婚葬祭、歯の治療などに利用される多目的プランを利用することになります。

よって、ペット販売店がオリコと提携していれば多目的ローンの利用になりますがオリコの審査は非常に早いので、その場で審査に通ればすぐに契約することができます。

金利は6.0%から13.2%、借入可能額は10万円から300万円までと高額で担保や保証人は不要です。

注意事項としては、オリコから借りるお金が50万円を超える場合や他社からの借入れと合計で100万円を超える場合は所得証明書が必要になることがあげられます。

ホームセンターのカインズホームではペット用品が豊富に取り扱われている一方、生体の販売は見かけませんね。

しかし、関東地方を中心としたカインズホームで「ペッツワン」というペットショップが併設している店舗があるのです。

ペッツワンのペットはカインズホームのHPから確認することができ犬、猫、小動物、観賞魚といったカテゴリー別に検索も可能です。

ペッツワンでは特に犬をプッシュしているようで、トップページ上に新着犬がランダムに表示されていますので運命を感じさせる犬と巡り合えるかもしれません。

気に入った子がいた場合は、よその子になってしまうまえにすぐに連れて帰りたいはずですので資金が乏しい場合はペットローンの検討をしてみることをおすすめします。