ペットローンの審査は誰でも申し込みの?条件はある?

ペットローンとはペットショップなどで動物を購入する場合に利用可能なローンです

柴犬でも13万円から28万円が相場となっていますし人気犬種のトイプードルやロングチワワの場合、相場は20万円から38万円です。

人気の猫種もアメリカンショートヘアーやスコティッシュフォールドは20万円から28万円が相場でブリティッシュショートヘアーでは21万円から38万円もの価格になります。

血統書の有無によっても価格は変わりますからペットショップで犬や猫を飼う場合は日常生活の中では決して安い買い物ではないのです。

特にペット選びにおいては、ビビッときた子と出会ったが最後ですからペットローンを有効に利用してお迎えしてください。

ショッピングサイトで有名な楽天ですがペットローンと言うサービスの提供は行っていません。

楽天銀行にはスーパーローンという使途が自由なカードローンがありますがその他には教育ローンやブライダルローンといった目的型ローンがあります。

銀行の目的型ローンというのは使途が限定されるだけで内容に規定はないのが一般的なのですが楽天銀行の場合はブライダルローンはブライダル専用(金利年7.0%)というように使い道についても限定されています。

楽天銀行のサイトには、自動車ローンもありますがこちらは目的型ローンではなく通常のカードローン(楽天スーパーローン)での対応になります。

楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育を除き、その他のローンは通常のカードローンでの融資になりますのでペットローンにこだわらなくて大丈夫です。

ペットローンというローンを取り扱っている信販会社や銀行は数多くありますがどのようなローンでも返済する際には必ず利息が発生します。

一般的に金利が低いとされている順だと、銀行、信販会社、消費者金融という並びになり審査の厳しさは金利が低くなるほどハードルが上がると言われています。

銀行ペットローンの金利を例にあげてみますと、イオン銀行は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の場合は年2.5%から年7.5%となっていますがオリコの多目的プランだと年6.0%から13.2%ですから銀行よりも高い金利なのです。

一方、消費者金融(プロミス)だと、目的ローンという商品になり金利は通常のカードローンよりも1.0%ほど低めですが年6.3%から年16.5%と一番高くなっています。

融資の最大限度額はイオン銀行が700万円、スルガ銀行は800万円ですがオリコやプロミスなどの消費者金融だと300万円程度です。

アルバイトの人がペットローンを組む場合には借入条件が厳しくなったり、制限を受けることがありますから注意してください。

どの金融機関でも確実に返済してもらう判断基準としていますので勤務期間は最低でも継続1年以上はないと厳しいでしょう。

雇用形態や年収の条件についてですが、イオン銀行だと前年度の税込み年収が200万円以上という条件がついていますがスルガ銀行は年収制限がありませんので、アルバイトでも申請可能です。

信販会社ではオリコが多目的プランという商品でペットローンに対応していますが満20歳以上で安定した収入があれば、アルバイトでも利用可能です。

消費者金融の場合はペットローンという商品はありませんが、プロミスの目的ローンは収入の1/3以内ならアルバイトでも利用可能です。

ペットも当然ケガや病気になる可能性はあるのですが人間のような医療保険制度が確立されてはいません。

ちょっとした病気でも全て実費なのでペット本体よりも治療費のほうが高額になることも珍しくありません。

最近ではペット保険が普及しつつありますが、給付条件が厳しかったり、申請できる回数が少なかったりなどあまりメリットを感じない保険も多く見受けられます。

又、ペットが若いうちは保険のお世話になる心配は少ないことからペット保険に入るだけ無駄だと感じる人もいるでしょう。

今は、転ばぬ先の杖としてペット保険に入るのではなく転んだ時の対策としてペットローンでまとまったお金を用立てるという人も多いようです。

ホームセンターで知られているカインズホームではペット用品が豊富に取り扱われている一方、生体の販売は見かけませんね。

しかし、北海道と東北地方を除いた、関東地方を中心としたカインズホームでは「ペッツワン」というペットショップが併設している店舗があるのです。

ペッツワンで取り扱っている生体はカインズホームのサイトから閲覧することができ犬や猫をはじめ、鳥や小動物、観賞魚など、カテゴリー別に検索することができます。

中でも犬の販売に力を入れているようでトップページには新着の犬ちゃんがランダムに登場しますので運命の出会いがあるかもしれません。

気に入った子が見つかったら、すぐにお家へ…と思うのが心情ですので手持ちや貯金に不安を感じる場合はペットローンを使うのも有効な方法です。

ペットローンという商品を扱っている金融機関はまだ少ないですが多目的ローンといった名称で対応している業者は多いです。

ローンを提供している金融機関には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、総量規制がある消費者金融だと、無職の人は融資を受けることはできません。

銀行は総称規制の対象外なので無職の人でも融資を受けることはできるのですが、ほとんどの金融機関で申込資格に「安定かつ継続した収入があること」と条件付けされていることが多いです。

信販会社のショッピングローンについて説明するとペットローンの場合はペットの購入代金を信販会社が立て替えて支払う仕組みになっています。

ショッピングローンのイメージに、なんとなく審査のハードルは低いと思われている方もいるかもしれませんがこちらも申込資格には「安定継続した収入」が条件になっていることが大半です。

ペットショップで扱っている生体は数十万円もすることがあるので現金一括払いという人は少数派だと思います。

ペットショップも動物が買ってもらわないことには商売になりませんから信販会社と提携してショッピングローンを組めるように対応している店舗が多いです。

ショッピングローンというのは購入代金を信販会社が立て替えて支払いローン組んだ人は購入代金を信販会社へ金利を付けて分割払いで返済していきます。

クレジットカードと変わらないのは?と思われるかもしれませんがショッピングローンとは、購入対象の商品だけにローンが適用となるものです。

ペットショップで申請する信販会社のローンはショッピングローンなので審査も速くすぐに利用できるメリットがありますが、追加融資は受けられません。

ローンが組める金融機関にはいくつかありますが

消費者金融だと、収入の三分の一を超える借り入れをNGの総量規制が適用されます。

ですから、パート主婦の場合は年収の1/3以内でしたら消費者金融でローンを組むことができますが、専業主婦には収入がないので、消費者金融から借り入れることはできません。

銀行は総量規制の適用外なので専業主婦でも融資可能となっていますがペットローンは、必ずしも借り入れできるとは限りませんので注意が必要です。

スルガ銀行の場合だと「安定した収入がある方」という条件がついており場合によっては収入確認資料の提出が求められます。

イオン銀行もペットローンを扱っていますが、無収入の人は申し込めませんから専業主婦の方は、働いている旦那さんの名義でローンを組むことになります。

フリーターやアルバイトの人がペットローンを組む際には条件が増えたり、制限を受ける場合がありますから注意してください。

どの金融機関でも「安定かつ継続した収入」が条件になりますので継続勤務期間は最低でも1年以上は求められます。

雇用形態や年収については、イオン銀行では前年度年収が200万円以上という条件がありますがスルガ銀行の場合は年収制限はありません。

信販会社だと、オリコに多目的プランがありますが満20歳以上で安定した収入があれば、アルバイトでも申し込みは可能です。

消費者金融の場合はペットローンという商品はありませんが、プロミス目的ローンであれば収入の1/3以内ならアルバイトでも申し込み可能です。

ペットローンは動物を購入するためのローンになりますが支払代金を借りるということは一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

そのため、ローン審査を受けて承認されない限りお迎えしたい子がいてもペットローンを利用できません。

ペットショップのペットローンに落ちたとか利用できなかったという話を聞くことがありますが審査に通らなかった人は原因があるはずです。

過去に自己破産や債務整理をしていたり遅延や滞納歴があったとか携帯電話の支払いを忘れたことがあるという人は信用情報に問題があります。

また、複数の金融機関から借りているとか申込時の情報に虚偽申告があった場合は問題外です。

クレジットカードで知られているオリコのローンはカードローンや目的別ローン、キャッシングがありますが車を購入する際に利用するオートローンはトップをシェアを誇ります。

しかし、オリコではペットローンは扱っておらず多目的プランを利用することになります。

ペットショップがオリコと提携している場合、多目的ローンに申し込むことになりますがオリコの審査は非常に早いので、その場で審査に通ればすぐに契約することができます。

金利は6.0%から13.2%、借入限度額は10万円から300万円までとなっています。

注意点として、オリコから借り入れるお金が50万円を超える場合や他社からの借入れと合計で100万円を超える場合は所得証明書の提出が求められます。

ペットローンを利用したいのだけれど年収が低くて審査に通るか不安…などなかなか踏ん切りがつかないという人も多いのではないでしょうか?ペットローンには「安定かつ継続した収入があること」とされていることが大半で年収制限が設けられているのはイオン銀行の200万円だけです。

ペットローンでは収入がきちんとあればパートやアルバイトでも借入OKというローンが多く年収よりも、安定かつ継続のということの方が重要視されているようです。

もちろん、年収は多いに越したことはありませんがそれよりも勤続年数が長いことの事の方が重要です。

その他にも、過去に債務整理や自己破産歴がないかなど、返済状況や金融事故歴のほうが問題になります。

ペットもケガや病気になることは十分考えられるのですが人間のような医療保険制度は未成熟だったりします。

ですからちょっとした治療でも全額実費となりますからペット本体よりも治療費のほうが高額になることも珍しくありません。

最近ではペット保険が普及しつつありますが、給付条件が厳しいなどあまり実用的でない保険も多く見受けられます。

また、ペットが若いうちは保険のありがたみを感じづらいのでペット保険は掛け損だと思う人もいるでしょう。

最近は、転ばぬ先の杖として保険に入ることよりも転んだ時の対策としてペットローンで治療費を工面するという人も増えているようです。

ペットローンは銀行のローンが2社あり、その他の銀行や信販会社、消費者金融などは多目的ローン等、使途を限定して金利を抑えた商品を提供しています。

年利率は、銀行、信販会社、消費者金融の順で低いのですが、審査は低金利なローンほど厳しくなると言われています。

同じ金融機関でもカードローンのように使い道が限定されないフリーローンもありますが、使途が限定された低金利にしたローンの方が審査は厳しいと言われています。

よって銀行のペットローンはローンの中でも格段に審査が厳しいと思われますので審査に通らないという人は、同じ銀行のカードローンに申し込んでみるのも良いのではないでしょうか。

又、銀行カードローンの審査は信販会社のペットローンと同じレベルという話もありますから2つの金利を比較し、金利が低い方に申し込むのもありです。

ペットを買う際にローンを組むことを検討しているのであれば頭金があれば借入金額を減らすことができますよ。

借入金額が減れば審査のハードルも下がりますからペットローンに申し込みやすくなりますよね。

頭金を積む金額は多い方がよいですが頭金の金額は自分で設定することができます。

ただし、犬や猫の場合は生体価格以外にワクチンなどの費用が数万円程度かかりますから手持ちのお金をすべて頭金にするのはおすすめしません。

別途かかる費用としては餌、ペットシーツなどの消耗品も必要になりますし犬小屋やケージを含めると数万円はかかってしまいます。