ペットローン審査今すぐ!早く借りれるのはどこ

ペットローンを専門に取り扱う金融業者

ペットローンを専門に取り扱う金融業者はまだ少ないですが目的別ローンといった形で対応している業者は多いです。

ローンを提供している融資元には銀行や信販会社などがありますが、消費者金融には総量規制があるため無職の人は利用できません。

銀行は総称規制の対象外なので無職の人でも借入可能ですが、申込資格に「安定かつ継続した収入があること」と条件付けされている場合が多いです。

信販会社のショッピングローンはどうものかというと、ペットローンの場合はペットの購入代金を信販会社が立て替えて支払う仕組みになっています。

この場合、直接現金をやり取りするわけではありませんので審査のハードルは高くないように思われますがこちらも申込資格には「安定継続した収入」という項目があることが多いです。

日用品やDIYグッズが多数取り揃えられているカインズホームではペット用品は充実していますが、生きている動物の販売は見かけませんね。

しかし、北海道と東北地方を除いた、関東地方を中心としたカインズホームでは「ペッツワン」というペットショップがある店舗もあります。

ペッツワンで取り扱っているペットはカインズホームのHPから見ることができ犬、猫、小動物など、カテゴリー別に検索することができます。

特に犬の販売に力を入れているようでトップページには1ヶ月以内の新着犬がランダムに表示されていますので「この子だ!」と直感する犬に会えるかもしれません。

この子!と言う子が見つかったら、すぐに連れて帰りたいのが心情です。

資金が乏しい場合はペットローンの検討をしてみることをおすすめします。

ペットもケガや病気になる可能性はあるのですが人間のような医療保険制度が確立されてはいません。

ですからちょっとした治療でも全額実費となりますから数万円もの治療費がかかることは覚悟していなければなりません。

ペット保険が普及しつつありますが、掛け金が高額なのに対し給付金が少額だったり給付条件が厳しいなど保険に入るメリットを感じられない保険も多く見受けられます。

又、ペットが若いうちは病気になる確率も低いためペット保険は掛け損だと思う人もいるでしょう。

今は、転ばぬ先の杖としてペット保険に入るのではなく転んだ時の対策としてペットローンでまとまったお金を用立てるという人も多いようです。

ペットを購入する際にローンを組むとしたら頭金を納めることをおすすめします。

融資金額が少ないほど審査のハードルも下がりますからペットローンに申し込みやすくなりますよね。

頭金は多いに越したことはありませんがいくら納めるかは自分で設定することができます。

ただし、犬や猫の場合は生体価格以外にワクチンなどの費用が数万円程度かかりますから手持ちのお金をすべて頭金につぎ込んではいけません。

その他餌、ペットシーツ、おやつなどのといった消耗品も必要になってきますし犬小屋やケージを含めると数万円はかかってしまいます。

ローンが組める金融機関にはいくつかありますが消費者金融の場合は総量規制があります。

パート主婦だったら、年収の1/3以内であればローンを組むことができますが、専業主婦には収入がないので、消費者金融から借り入れることはできません。

銀行のローンは総量規制はないので専業主婦でも融資を受けることができますがペットローンは、必ずしも借り入れできるとは限りませんので注意が必要です。

スルガ銀行の申し込み資格には「安定した収入がある方」という条件がついており条件によっては収入確認資料の提出が必要になることもあります。

イオン銀行もペットローンを扱っていますが、無収入の人は申し込めませんから専業主婦の方は、現金で購入するかご主人にローンを組んでいただくしかありません。

ペットローンは生き物(動物)を購入するためのローンですが支払代金を借りるということは一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

そのため、ローン審査を受けて承認されない限り気に入った子を見つけてもローンが組めないということになります。

ペットショップのペットローンに落ちたとか利用できなかったという話を聞くことがありますが審査に通らなかった人は原因があるはずです。

これまでに自己破産や滞納歴があったとかそういう過去がある人は信用情報に問題があります。

その他にも、数社からカードローンを借りているとか申込時の情報に虚偽申告があった場合は問題外です。

三井住友フィナンシャルグループのセディナにはペットローンはありませんが総合目的ローンでペットを購入するためのローンを組むことができます。

セディナの総合目的ローンは入院や出産、引っ越し、結婚式など大きな額の資金が必要になったときに利用出来るというローンです。

ペットショップで発行される見積書や契約書があれば融資の使い道を証明できますので、ペットの購入にも利用できます。

申込条件は満20歳以上で完済時の年齢が65歳以下の人、安定継続した収入があることや、勤続年数などが借入条件として規定されています。

融資額は5万円から300万円で、担保や保証人不要で返済期間は最長5年となっています。

住宅ローンを利用する際に審査を避けて通れないようにペットローンを組む場合にも当然審査はあります。

ペットローンは銀行や信販会社などで取り扱っていますが銀行のペットローンは審査が厳しくハードルが高いとされています。

銀行のペットローンというのは、ペットショップで組むローンよりも低金利なため人気がありますが金利が低いほど審査が厳しいのが一般的です。

ちゃんと返済してくれる人であれば安心して貸すことができるということでそのご褒美として低金利で融資をすることを認めるという事なのです。

審査の難易度としては銀行が一番厳しく次いで信販会社のペットローンが審査が厳しいと言われています。

一般の銀行ではペットローンは多目的ローンで対応している

スルガ銀行は静岡県沼津市に本店がある地方銀行でネットバンキングでは全国展開しています。

一般の銀行ではペットローンは多目的ローンで対応しているのですがスルガ銀行はペットローンを独立した商品として存在します。

スルガ銀行のペットローンは、借入限度額が最高で800万円と高額にもかかわらず金利2.5%から7.5%と非常に低金利だけでなく、支払回数も最大120回払いと大変良心的なスペックなのが特徴的です。

パソコンやスマホからなら24時間いつでも申込が可能で全てがWeb完結するので来店不要です。

ローンの申込条件として年齢が20歳以上65歳未満、安定した収入があることが条件となっています。

ペットローンがある金融機関等は数多くありますがどのようなローンでも返済する際には必ず利息が発生します。

金利の設定は一般的に金利が低い順に並べますと、銀行、信販会社、消費者金融と言われており金利が低いほど審査基準が上がると言われています。

銀行ペットローンの金利で比較してみると、イオン銀行は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の場合は年2.5%から年7.5%となっていますがオリコの多目的プランだと年6.0%から13.2%ですから銀行よりも高い金利なのです。

ちなみに消費者金融(プロミス)の場合は、ペットローンはないので目的ローンという商品になりますが金利は通常のカードローンよりも1.0%ほど低いとはいえ、年6.3%から年16.5%とかなり高金利なのです。

借入できる限度額はスルガ銀行は800万円、イオン銀行が700万円と高額融資も可能なのに対し、消費者金融のプロミスの場合は300万円程度で、総量規制も適用されます。

三井住友のセディナにはペットローンというローンはないのですが総合目的ローンという商品でローンを組むことが可能です。

総合目的ローンは、大きな資金が必要になったときに利用出来るローンになっています。

ペットショップから発行された見積書や契約書があれば融資資金の使い道を証明できるのでペットローンにも利用することができます。

申込条件は満20歳以上で、安定継続した収入などがあります。

貸付金利は7.8%から11.8%と低めに設定されており、融資額は5万円から300万円、担保や保証人不要、返済期間は最長5年(60回)なので、安心して利用することができますね。

住宅ローンやカードローンに融資を許可するかしないかの審査があるようにペットローンを組む場合にも当然審査はあります。

ペットローンは銀行や信販会社で取り扱っていますが審査が厳しくハードルが高いのは銀行のペットローンです。

銀行のペットローンはペットショップで組むローンと比較すると低金利なので人気が高いのですが金利が低いほど審査が厳しくなるという傾向にあります。

つまり、きちんと返済してくれる人なら安心して貸すことができるのでその見返りとして低金利で貸してあげますよという事なのです。

審査の難易度については銀行のペットローンが一番厳しくその次は信販会社のペットローンと言われています。

ペットローンとはペットショップなどから動物を購入する際に利用可能なローンです。

人気の犬種で一番安価な柴犬でも13万円から28万円が相場ですし人気犬種のトイプードルやロングチワワの場合、相場は20万円から38万円です。

アメリカンショートヘアーやスコティッシュフォールドなど人気の猫種だと、20万円から28万円が相場となっていてブリティッシュショートヘアーは30万前後となっています。

更に血統書の有無やブリーダーによっても価格が大きく変わることがありますのでペットショップで動物を飼うということは、決して安い買い物ではないのです。

特にペット選びの場合はビビッときた子と出会った時が運命なのですぐにお迎えするにはペットローンを有効に利用したいですね。

ペットローンは動物を購入するためのローンになりますがいわゆる一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

そのため、ローン審査を受けて承認されない限りお迎えしたい子がいてもペットローンを利用できません。

ペットショップのペットローンに落ちたという話を聞くことがありますが審査に通らなかった人は原因があるはずです。

これまでに自己破産や滞納歴があったとか携帯電話の支払いを忘れたことがあったりすると、信用情報に傷がついている可能性があります。

その他にも、いくつもの金融機関から借入をしているとか申込時の情報に借入件数や金額を少な目に記載したなどの虚偽申告があった場合は問題外です。

ローンが組める金融機関には銀行と消費者金融がありますが消費者金融だと総量規制が適用されます。

ですから、パート主婦の場合は年収の1/3以内でしたら消費者金融でローンを組むことができますが、専業主婦だと消費者金融から融資を受けることはできません。

銀行のローンは総量規制はないので専業主婦でも融資を受けることができますがペットローンに関しては、必ずしも借りられるとは限りません。

スルガ銀行の申し込み資格には「安定した収入がある方」という条件がついており条件によっては収入確認資料の提出を要求される場合があります。

イオン銀行もペットローンがありますが、学生や専業主婦、無職の人は申し込むことはできませんので専業主婦の方は、旦那さんにローンを組んでもらいましょう。

オリコのローンはカードローンや目的別ローン、キャッシングがありますが車を購入する際に利用するオートローンはトップをシェアを誇ります。

しかし、オリコではペットローンというローンは用意されておらず、使い道が決まっていない目的プランを利用することになります。

ですから、ペットショップがオリコと提携していれば多目的ローンの申込書に記入することになりますがオリコの審査は非常に早いので、その場で審査に通ればすぐに契約することができます。

金利は6.0%から13.2%、担保や保証人は不要で、借入可能額は10万円から300万円までとなっています。

気を付けなければいけない点として、オリコから借りるお金が50万円を超える場合や他社からの借入れと合計で100万円を超える場合は所得証明書が必要になることがあげられます。